住宅ローンの見直しをする時に重要なポイントを解説

MENU

住宅ローンの見直しを検討する必要性

住宅ローン見直し

住宅ローン見直しを行うと、お得になるケースが多いです。

 

多くの方は、最初に住宅ローンを組む時は、不動産会社の言われるがままにしてしまうケースが多いです。

 

住宅ローンは一生の内で何度も経験するものでは無いため、不明点が多く難しく感じるのが事実です。

 

しかし、5年も経つと経済状況は変化してきて金利も変わっていたり、もっと便利は借り換えローンも誕生しています。

 

最近では、住宅ローンの見直しを行う「住宅ローン借り換えプラン」も充実して来ていますので、
きっとあなたに合ったプランを見つけることもできます。

 

住宅ローンの見直しを行ったことで、総ローン返済額を何百万円も削減できたケースも多いです。
本サイトでは、住宅ローンの見直しを行う時の重要なポイントを記載していますので参考にして下さい。

 

住宅ローンという金融商品

マイホームを購入したり、改築などしようと考えている人を対象に、住宅ローンという商品が金融機関にあります。

 

住宅ローンは、マイホーム購入者が金融機関からお金を借りて、マイホーム代金を立て替えてもらい、
金融機関に月々返済をしていくかたちになります。

 

金融機関は、借入れの利息を利用者に請求でき、それが収入となる目的型ローンの一種類になります。

 

借入れの金額が大きく、借入れ期間が長ければ長いほど、
利息も大きくなるため、金融機関にとってとても大きな収入といえます。

 

住宅ローンの検討は難しい!?

しかし、利用者はあまり住宅ローンについて知っている人は少なく、マイホームを購入する際には、
不動産会社が推薦したり提携している銀行に、申し込む人が多く居るのが現状です。

 

しかし、住宅ローン(見直し)には様々なプランがあったり、銀行によって特徴があったりします。

 

言われるがままに契約していると、予想以上に利息が高く、総支払額が多くなってしまいるケースもあります。

 

そのため住宅ローン見直しの検討は、他人任せにするのではなく、しっかり内容を理解し、
自分が納得するプランで契約することが大切です。

 

住宅ローンには見直しプランがある!

もし何となく契約してしまっても、後で住宅ローンのサービスを行っている銀行を変更する方法もあります。

 

それを住宅ローンの借り換え(見直し)といいます。

 

住宅ローンは、年々金利の引下げや経済情勢に合わせてプランも変わってきています。

 

最初に契約したプランよりも、もっと金利が安く、サービス内容も豊富なプランが出てきています。

 

現在契約しているプランより金利が安いものに借り換えすれば、
金利率によっては100万円以上も金利を安くできる場合もあります。

 

新たに借入れをする事で支払い期間を伸ばすことができ、月々の負担を減らす方法もあるため、
住宅ローンの見直しを検討する人が増えてきています。

 

現在の住宅ローン見直しの商品は、流通系の銀行やネット銀行も住宅ローンサービスに参戦しており、
他に無い様々な特典があったりなど、利用者にとって嬉しい特典もあります。

 

もっとお得にマイホームを購入して計画的に返済するために、
一度真剣に住宅ローンの見直しをする事をお勧めします。


住宅ローン見直しのおすすめサービス

住信SBIネット銀行の特徴

団信・8大疾病保証が付いても金利上乗せなし!
・業界最安値水準の低金利が魅力!
・繰上返済手数料無料
・借り入れまで来店の必要なし
ポイント
・住信SBIネット銀行の住宅ローンは、何と言っても低金利が魅力的!
・加えて団信・8疾病保証を付けても金利の上乗せが無いのが良い!
・繰上げ返済時の手数料も無料なので便利!!

イオン銀行

イオン銀行【住宅ローン】の特徴

イオングループでの買い物が毎日5%オフ!
※住宅ローンご契約者さま限定特典
業界最高水準の低金利に挑戦中!
ポイント
・イオン銀行の住宅ローンも他の銀行に比べて低金利を実現!
・変動金利でも年0.570%なので業界最低水準の金利で提供!
・加えてイオングループでの買い物が、いつでも5%になるのは魅力的

住宅ローンとは何か?

住宅ローン見直し

マイホームを購入したり、今ある家を増築などリフォームする際には、数千万かかることが殆どです。

 

全額払える蓄えがあればいいのですが、なかなか全額一括現金で払える人はおらず、銀行などからお金を借りて家を購入したり、リフォームすることが多いです。

 

この資金を借りることを住宅ローンと呼び、その際建物や土地が担保となります。

 

住宅ローンは住むことが目的で購入するなら、特に決まりはありません。

 

新築を購入する時だけローンを組める訳では無く、中古の一戸建てやマンションも住宅ローンを利用できます。

 

さらに、住む建物を建てるための土地の購入だけでも、住宅ローンを組むことが可能です。

 

マイホームの購入計画は、建物と土地を含めた金額だったり、土地だけだったりと、その人その人に合わせて、ローンが組む事ができるのです。

 

住宅ローンは誰でも利用できる訳ではない。

しかし、住宅ローンは誰でもローンを組めるわけではなく、銀行による審査が行われ、
審査結果によって住宅ローンが利用できるかどうかが決まります。

 

それによって、マイホームを手に入れるかできないかに分かれてしまうのです。

 

住宅ローンの審査には2段階あり、まずは事前審査が行われます。

 

事前審査は仮審査とも呼ばれており、利用者の返済能力や信用度を見極めます。

 

この事前審査が重要で、提出するものも源泉徴収を始め、数多くあります。

 

間違った情報や変更などある場合は、すぐに訂正しておくことが大切です。

 

そして事前審査が通れば、次は信用保証会社が本審査を行います。

 

本審査が無事に通れば本契約できるのですが、住宅ローンの種類や、保証内容、
また月々の返済額や金利が今後の生活に関わってくるため、慎重に選ぶ必要があります。

 

住宅ローン見直し

>>住宅ローンの見直しを行いたい時はコチラから<<


住宅ローンの見直しを検討する参考サイト

住宅保証機構

住宅保証機構(じゅうたくほしょうきこう)は、国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人です。
個人のお客さまへは、各種保険や制度を利用できる事業者情報が公開されています。
新築住宅を建てる購入する時に住宅瑕疵担保履行法に対応したまもりすまいリフォーム保険を斡旋しています。

 

住宅ローンシミュレーション

住宅保証機構の住宅ローンを利用する時に必要になる返済シミュレーションです。
下記の6項目からシミュレーションが詳細に行えて便利です。
 ・返済額の試算
 ・借入可能額の試算
 ・ローンの繰り上げ返済
 ・返済プランの比較
 ・複数ローンの組み合わせ
 ・住宅取得・諸費用の試算